平谷 奏(4歳)

アンケート回答者:保護者の方

[参加理由]

もともと私がアートからデザインまで広く好きで、娘も50色の色鉛筆で毎日、妙にカラフルな塗り絵がブームです。今回のワークショップは小学生向けですし、3時間も集中できるかなと心配もありましたが、子どもの制作に私が(つい、家事などしてしまって)じっくりと時間を取って付き合う機会も少ないなと感じており、葉っぱなど自然素材で制作ができるのも娘が好きそうなので、今回参加させていただきました。

 

[参加した感想]

何日か前に「森からのおくりもの」を開けた段階で、娘は素材を広げてワクワク。葉っぱや木の実を気に入り、当日は朝から待ちきれなくて、折り紙を使い始めていました。3時間とても集中して、自分で作品を創り上げたことを本人も満足そうです。6個くらいの作品が出来ましたが、後日パズルのように組み合わせたり、おままごとにして遊んだり、この裏に虹を描きたいと続きの制作を計画したり、遊び続けています。

親としても3時間しっかり集中して子どもを見る機会は案外少ないので(少々反省…)、今後も自由に制作する時間やスペースを作り、このような場を家庭でも用意したいなと思っております。ありがとうございました。

作品6点

作品6点

右上から時計回りに題名 『へいきんだいとおはなのあるこうえん』『おそとのようす』『ふね(すみだがわのすいじょうばす)』『えびふらい、つれちゃった!』『無題2点』『ねこちゃんのかっぷけーきやさん』

おそとのようす

おそとのようす

組み合わせて遊んだ様子

制作場面

制作場面